本文へスキップ

女性のためのキャリアアップ支援ワークショップ

電話でのお問い合わせはTEL.03-6206-0205

日本下水道協会内GKP事務局(広報課)まで

活動報告HEADLINE


GJジャーナル(広報誌)の作成についてはこちら>>

第2回北海道ブロックワークショップを開催しました

 平成29年2月21日(火)、下水道分野で働く女性の会(GJリンク)北海道ブロックワークショップ(第2回)が札幌市下水道科学館で開催されました。
 北海道ブロック内の自治体からGJ6名が参加し、ワークショップ後には札幌市下水道科学館で施設見学を行いました。
 今回のワークショップは座談会形式とし、若手からベテランまで、6名が意見交換等を実施。参加者の中には職場に女性技師がいない方もおられ、経験豊富な職員の話に熱心に聞き入る姿が印象的でした。
 懇親会にはワークショップに参加しなかった札幌市GJも合流。参加者からは「他自治体の経験ある女性職員と意見交換をすることができ、とても参考になった」、「またこのような機会があれば是非参加したい」との意見が寄せられました。
 詳細はGJジャーナル北海道特集をご覧ください。
 
開催日時:平成29年2月21日(火)
開催内容:13:30~14:30 ワークショップ(座談会形式)
     14:30~15:00 施設見学「札幌市下水道科学館」
     18:00~20:00 意見交換会
開催場所:札幌市下水道科学館
主  催:GJリンク北海道ブロック事務局
対  象:北海道ブロック内の地方公共団体等の下水道関連部署で働く女性
     職員
本ワークショップの報告書(PDF)はこちらをご覧ください

『GJ Jornal』Vol.8「東北特集」を発行しました

 『下水道分野で働く女性のマガジン~GJ Journal』Vol.8「東北特集」をこのほど発行しました。専用ページに掲載しましたので、是非、ご覧ください。
 専用ページは、下記をクリックしていただくか、右の「GJ Journal」のバナーをクリックしたいただくことで開くことができます。
『GJ Journal』の専用ページはこちら

第3回中部ブロックワークショップを開催しました

 平成29年1月20日(金)、愛知県東大手庁舎402会議室で下水道分野で働く女性の会(GJリンク)中部ブロックワークショップ(第3回)が開催されました。
 当日は中部ブロック内自治体から32名が参加し、午前に東山雨水調整池の施設見学、午後にワークショップを行いました。ワークショップでは、前回のワークショップで作成した広報の提案書を基に、広報物のイメージ図を作成。今後は実際に広報ツールとして各自治体が利用できるように、イメージ図のデザイン化を目指します。そしてワークショップ終了後は、懇親会でさらに親睦を深めました。
 また、参加者からは、他自治体の女性職員と意見交換することができたほか、ワークショップを通じて新しいアイデアや発見があるため次回も参加したい等の意見が多く寄せられました。
 
開催日時:平成29年1月20日(金)
開催内容:10:00~11:30 施設見学「東山雨水調整池」
     13:00~17:15 ワークショップ
     18:00~20:00 意見交換会
開催場所:愛知県東大手庁舎402会議室
主  催:GJリンク中部ブロック事務局
対  象:中部ブロックの地方公共団体等の下水道関連部署で働く女性職員
本ワークショップの報告書(PDF)はこちらをご覧ください

第2回中部ブロックワークショップを開催しました

 平成28年4月25日(月)、名古屋市上下水道局 空見スラッジリサイクルセンターで下水道分野で働く女性の会(GJリンク)中部ブロックワークショップ(第2回)が開催されました。
 当日は中部ブロック内自治体から32名が参加。中部ブロックの活動方針が「効果的な広報」ということで、東京都市大学の長岡教授による下水道広報の必要性等についてご講演をいただいた後、実際に広報活動をするために必要な提案書の作成を行いました。下水道広報の課題、ターゲット、伝えたい内容、効果等を意識しながらグループワークすることで、広報に携わっていないメンバーでも広報の基本を実践的に学ぶことができる場としました。
 ワークショップ終了後は懇親会でさらに親睦を深め、参加者からは「なかなか関わることのない他自治体の女性職員と交流出来ることが有意義だった」等の意見が多く寄せられました。
 
開催日時:平成28年4月25日(月)
開催内容:13:30~14:40 講演「下水道広報の必要性と今後のあり方」
             東京都市大学 工学部教授 長岡裕氏
     14:50~16:10 ワークショップ
     16:15~17:00 見学「空見スラッジリサイクルセンター」
     18:00~20:00 意見交換会
開催場所:名古屋市上下水道局 空見スラッジリサイクルセンター
主  催:GJリンク中部ブロック事務局
対  象:中部ブロックの地方公共団体等の下水道関連部署で働く女性職員
本ワークショップの報告書(PDF)はこちらをご覧ください

GJリンク九州ブロックワークショップを開催しました

 8月30日(火)、福岡市で下水道分野で働く女性の会(GJリンク)九州ブロックワークショップが開催されました。
 昨年に引き続き2度目の開催となった今回のワークショップは、前半に世界初の水素ステーションを開設した中部水処理センターの視察、後半にワークショップを実施。当日は、6市4町から14名の参加者が集まり、活発な意見交換が繰り広げられたほか、ワークショップ後の意見交換会で、より親睦を深めることができました。
 参加者からは、今回のワークショップで九州全域の参加者と顔見知りになったことで、相談事項などを電話などで問い合わせやすくなったなどの感想が寄せられ、今後も定期的に開催してもらいたいとの要望がありました。
 
開催日時:平成28年8月30日(火)
開催内容:13:30~15:45 福岡市中部水処理センター視察
     15:55~17:10 ワークショップ
     18:00~20:00 意見交換会
開催場所:福岡市中部水処理センター(視察)
     アクロス福岡(ワークショップ)
主  催:九州地方下水道協会
対  象:九州地方下水道協会 会員都市の女性職員
九州ブロックワークショップの報告書(PDF)はこちらをご覧ください

『GJ Jornal』Vol.7「関東特集」を発行しました

 『下水道分野で働く女性のマガジン~GJ Journal』Vol.7「関東特集」をこのほど発行しました。専用ページに掲載しましたので、是非、ご覧ください。
 専用ページは、下記をクリックしていただくか、右の「GJ Journal」のバナーをクリックしたいただくことで開くことができます。
『GJ Journal』の専用ページはこちら

東北で初! GJリンク東北ブロックワークショップ開催

 11月18日(金)、下水道分野で働く女性の会(GJリンク)東北ブロックワークショップ「女性が一層輝く社会の構築~下水道女子が考える女性の活躍~」を開催しました。
 東北ブロックで初めての開催となった今回のワークショップは、仙台市の約7割の汚水を処理し、最新の省エネルギー・創エネルギー機器を導入している環境配慮型の下水処理場、仙台市南蒲生浄化センターの施設見学(希望者のみ)を午前中に実施。午後のワークショップは、日本下水道協会会長の奥山恵美子(仙台市市長)氏を講師にお迎えし、40年にわたるご自身のキャリアや、家事と育児と仕事の両立についてお話しいただきました。
 講演の後は、「家事・育児と仕事の両立について」、「女性が少ない職場で思うこと」、「働きやすい職場環境とは」の3つのテーマについて、班ごとに分かれてディスカッションを実施。
 当日は35名の参加者が集まり活発な意見交換が繰り広げられ、参加者からは、「下水道に関わる女性たちの悩みを共有して、交流を深めることが出来た」「女性同士だから話せること、話しやすいことがある、ということを実感した」といった感想が寄せられました。

【下水道分野で働く女性の会(GJリンク)東北ブロックワークショップ】

テーマ:「女性が一層輝く社会の構築~下水道女子が考える女性の活躍~」
開催日:平成28年11月18日(金)
プログラム:
 (9:00~11:50 )仙台市南蒲生浄化センター視察
 (13:30~16:30)日本下水道協会長(仙台市長) 奥山恵美子氏講演
          テーマ別グループディスカッション
場 所:仙台市南蒲生浄化センター(視察)
    宮城県自治会館200・201会議室(会議)
事務局:宮城県土木部下水道課・仙台市建設局下水道事業部下水道調整課
対 象:東北ブロックの地方公共団体等の下水道関連部署で働く女性職員
東北ブロックワークショップ報告書(PDF版)はこちら

『GJ Jornal』Vol.6「中国・四国特集」を発行しました

 『下水道分野で働く女性のマガジン~GJ Journal』Vol.6「中国・四国特集」をこのほど発行しました。専用ページに掲載しましたので、是非、ご覧ください。
 専用ページは、下記をクリックしていただくか、右の「GJ Journal」のバナーをクリックしたいただくことで開くことができます。
『GJ Journal』の専用ページはこちら

『GJ Jornal』Vol.5「中部特集」を発行しました

 『下水道分野で働く女性のマガジン~GJ Journal』Vol.5「中部特集」をこのほど発行しました。専用ページに掲載しましたので、是非、ご覧ください。
 専用ページは、下記をクリックしていただくか、右の「GJ Journal」のバナーをクリックしたいただくことで開くことができます。
『GJ Journal』の専用ページはこちら

『GJ Jornal』Vol.4「九州特集」を発行しました

 『下水道分野で働く女性のマガジン~GJ Journal』Vol.4「九州特集」をこのほど発行しました。専用ページに掲載しましたので、是非、ご覧ください。
『GJ Journal』の専用ページはこちら

『GJ Jornal』Vol.3「近畿特集」を発行しました

 『下水道分野で働く女性のマガジン~GJ Journal』Vol.3「近畿特集」をこのほど発行しました。専用ページに掲載しましたので、是非、ご覧ください。
『GJ Journal』の専用ページはこちら

TV番組「にじいろジーン」企画 希望者募集

 「GJジャーナル」を見た番組制作会社より、TV番組企画への希望者募集のお声かけをいただきました。
 以下、制作会社からのコメントです。
「まだ正式な取材のお願いではなく、一度、企画書をご確認頂いた上でご協力していただけそうという事であれば、是非、アンケートをお願い出来ればと思っております。
 そしてアンケートのご回答を確認させて頂いた上で、番組スタッフで検討をさせて頂く形になります。
 ですので、現時点において、アンケートにご協力頂いた方に必ず取材をお願いするわけではございません。
 それでもよろしければ、またさらに、3月末は無理でも4月以降であればご検討頂ける可能性があるようであれば、是非一度、添付資料にありますアンケートのご協力をお願いしたく思っております。
 ご検討の程、何卒宜しくお願い致します。」


◆「にじいろジーン」の企画書とアンケートはこちらです。
 ・企画書
 ・アンケート
※ご興味のある方は平成28年2月末頃までに、事務局まで第1報ください。
 ご連絡をお待ちしています!

『GJ Jornal』を創刊しました

 「GJリンク発の下水道PRツールをつくろう!」の想いのもと、ついに『下水道分野で働く女性のマガジン~GJ Journal』が創刊の運びとなりました。専用ページを作りましたので、是非、ご覧ください。
 専用ページは、下記をクリックしていただくか、右の「GJ Journal」のバナーをクリックしたいただくことで開くことができます。
『GJ Journal』の専用ページはこちら

H27年度「地方ブロック別ワークショップ」開催結果まとめ

 「下水道分野で働く女性の会(GJリンク)」では、H27年度、地方ブロック別ワークショップを以下の通り開催しました。

北海道ブロック 
  日時:平成27年6月17日(水) 14:00~17:00
  場所:札幌市下水道庁舎 1階大会議室
  プログラム:(1)テーマ別意見交換(ワークライフバランス、スキルア
         ップ等)
        (2) GJリンク発下水道広報ツール作成に関する意見交換
  <概要>
  札幌市様がリーダーを務めてくださいました。
  道内自治体からGJ12名が参加し、女性職員が
  身近にいないなどの悩みや北海道ならではの
  業の工夫などの話題を共有しました。遠くか
  ら時間をかけて参加して下さった方も多く、
  GJリンク発下水道広報ツールについても特集
  記事のアイデアを出し合いました。WS終了後は懇親会でさらに親睦を
  深めました。

関東ブロック 
  日時:平成27年10月5日(月) 13:30~16:45
  場所:東京都下水道局砂町水再生センター内 下水道技術実習センター
     会議室
  プログラム:(1)施設見学(下水道技術実習センター)
        (2) テーマを設定した意見交換(GJジャーナル関東ブロッ
          ク特集について等)
  <概要>
  関東ブロック自治体等から14名が参加しました。比較的女性職員の数も
  多い自治体が多かったのですが、仕事と育児の両立の悩みはやはり尽き
  ないようでした。また広報に対する関心も高く、GJリンク発下水道広報
  ツールで伝えたいことについて多くのアイデアがでました。

中部ブロック 
  日時:平成27年7月14日(火) 14:00~17:00
  場所:名古屋市上下水道局 名城水処理センター 大会議室
  プログラム:(1)GJリンク発下水道広報ツール作成に関する意見交換
        (2) 施設見学(下水道科学館)
        (3)グループディスカッション「下水道の魅力と女性の活
          躍」
  <概要>
  名古屋市様、愛知県様がリーダーを務めてくださいました。リーダー都
  市の「GD(下水男子)」の多大なご支援のもと、ブロック内自治体か
  らGJ39人が参加し、広報ツールに関する意見交換、施設見学を行った
  のち、「下水道の魅力と女性の活躍」をテーマにグループディスカッシ
  ョンを行いました。WS終了後は懇親会でさらに親睦を深めました。
      

近畿ブロック (7/17開催予定でしたが台風のため日程変更しました)
  日時:平成27年8月21日(金) 13:30~17:30
  場所:大阪府 寝屋川流域下水道竜華水みらいセンター内 会議室
  プログラム:(1)施設見学(竜華水みらいセンター)
        (2) テーマ別意見交換(ワークライフバランス、スキルア
          ップ…)
        (3)GJリンク発下水道広報ツール作成に関する意見交換
  <概要>
  近畿ブロックは26年度にも「全国ワークショップin下水道展’14大阪」
  を成功させた実績があり、近畿ブロックのGJリンクメンバーが企画・
  運営を担いました。またそれを大阪府様ががっちりと支援してくださ
  いました。一度は台風のため延期となるなど準備も大変になってしま
  いましたが、最終的には近畿ブロックの自治体等から55名が参加し、
  ワークライフバランスや仕事の悩み、広報ツール等をテーマとしてワ
  ールドカフェ方式を取り入れた意見交換を行いました。活発に意見が
  交わされ、語りつくせず、WS終了後の懇親会でさらに話題が展開し
  たことは言うまでもありません。
      

中国・四国ブロック 
  日時:平成27年8月31日(月) 13:00~17:00
  場所:大手町平和ビル5階 ボランティア研修室
  プログラム:(1)施設見学(大州雨水貯留池)
        (2) GJリンク発下水道広報ツール作成について
        (3)テーマ別意見交換(下水道の「自分ゴト化」、GJジ
          ャーナルについて 等)
  <概要>
  広島市様がリーダーを務めてくださいました。ブロック内自治体から
  30名が参加し、バスでMAZDA Zoom-Zoomスタジアム下の大州雨水
  貯留池へ移動して施設見学、会議室に戻って「下水道の自分ゴト化」、
  GJジャーナルについて 等についてディスカッションしました。そ
  れぞれの都市の下水道の状況とそれを踏まえた「広報」について熱く
  語られ時間が足りないほどでした。WS終了後は懇親会でさらに親睦を
  深めました。

九州ブロック 
  日時:平成27年8月3日(月)13:00~17:00
  場所:天神ツインビル4階 405研修室
  プログラム:(1)施設見学(水素ステーション)
        (2) GJリンク発下水道広報ツール作成に関する意見交換
        (3)テーマ別意見交換「水
との上手な付き合い方について」
         「下水道の魅力」
  <概要>
  福岡市様がリーダーを務めてくださいまし
  た。ブロック内自治体から16名が参加し、
  バスで水素ステーションへ移動して施設見
  学、会議室に戻って広報ツールに関する意
  見交換を行ったのち「水との上手な付き合
  い方」「下水道の魅力」をテーマにグルー
  プディスカッションを行いました。WS終
  了後は懇親会でさらに親睦を深めました。懇親会では、今後のブロック
  ワークショップ運営について独創的なアイデアも出たようです。

平成27年度地方ブロック別ワークショップ報告書のPDF版はこちら

Jジャーナル(広報誌)の作成について

 一度整備されるとほとんどの部分が地中に存在するため、見えにくい下水道。整備の進んでいる地域では「あって当たり前」のインフラになり、日頃その存在を意識することもない生活者が多いのが現状です。これから先、改築・更新等を行いつつ下水道を長く大切に使っていくためにも、生活者のみなさんに下水道のことを「自分ゴト」と感じていただくのは大切なことですね。

 GJリンクでは、今年からGJリンク発の広報ツール「GJジャーナル」の作成に取り組みます。自治体などで作成する公式の「広報誌」とは一味違う、「下水道分野で働く女性の視点」と「個人(生活者、消費者…)の視点」の両方にたったものにしたいと考えています。私たちGJリンクメンバー一人ひとりが「下水道の広報官」となり、下水道のことを生活者のみなさんに伝えていきましょう。
 「仕事」としてではなく、GJのみなさんのワクワクする気持ちを大切に、ご自身の言葉で下水道の魅力や働き、仕事の楽しさなどを伝えてみませんか?会議出席等も不要、全国どこからでも、お一人でも参加できます。GJジャーナルへの参加で広報スキルの向上が期待できるほか、作成したGJジャーナルは、地域の生活者のみなさんや就活生に下水道の魅力を伝えることに使えそうですね。
 みなさんの積極的なご参画をお待ちしています。
 ・GJジャーナルの概要はこちら→「GJジャーナル概要」
 ・GJジャーナルのサンプルはこちら→「GJジャーナルサンプル」
 ・ブロック別特集記事のサンプルはこちら→「ブロック別記事サンプル」
<作成要領>
 作成にあたってはこちらをお読みください→「GJジャーナル作成要領」
  ※ブロック別記事についてはこちら→「特集記事マニュアル」
  ※記事の書き方解説については以下をご覧ください
           →書き方解説「私の下水道」
           →書き方解説「GJのつぶやき」
           →書き方解説「下水道にやさしい家事のポイント」
<執筆依頼>
 必要に応じてこちらの執筆依頼をご利用ください
  →・「執筆依頼(案)」
<テンプレート>
 実際の作業にはこちらのテンプレートをお使いください
  →・「私の下水道」(個人作業用)
   ・北海道ブロック特集用
   ・関東ブロック特集用
   ・中部ブロック特集用
   ・近畿ブロック特集用
   ・中国・四国ブロック特集用
   ・九州ブロック特集用
   ※各ブロック特集記事は、各ブロックの「編集委員」のみなさんが企
    画・作成します。編集委員にご興味がある方はGJリンク事務局ま
    でご連絡ください。該当ブロックの委員さんにご紹介いたします。
<原稿送付先>
 みなさんに作成いただいた原稿は、GJリンク事務局においてブロック毎にまとめ、発行します。「GJジャーナル作成要領」にて発行スケジュールや締切等をご確認の上、下記アドレスまで原稿を送付してください。
 GJリンク事務局メールアドレス→ 
gjlink@gk-p.jp 
                 (ファイルサイズ上限20MB)
<問い合わせ先>
  GJリンク事務局(日本下水道協会広報課内) 阿部、陽田
(ようだ)
  電話 03-6206-0205

ブロック別ワークショップ 開催のお知らせ(第3弾)

 関東ブロックワークショップの開催について、詳細がきまりましたので、お知らせします。皆様奮ってご参加ください。

関東ブロック 
  日時:平成27年10月5日(月) 13:30~16:45
  場所:東京都下水道局砂町水再生センター内 下水道技術実習センター
     会議室
  参加資格:関東ブロック内の下水道関連部署で働く女性職員または社員
    年齢、事務/技術の別、産官学等の属性は問いません。
  プログラム(予定):
    (1)施設見学(下水道技術実習センター)
    (2) テーマを設定した意見交換(GJジャーナル関東ブロック特集に
      ついて、下水道分野での女性職員・社員の確保について 等)
  参加申し込み:9月25日(金)まで
(関連資料)
  ・開催案内
  ・参加登録様式

ブロック別ワークショップ 開催のお知らせ(第2弾)

 ブロック別ワークショップを6月から順次開催中です。
 新たに詳細の決まったものについてお知らせします。

近畿ブロック (7/17開催予定でしたが、台風のため日程変更しました)
  日時:平成27年8月21日(金) 13:30~17:30
  場所:大阪府 寝屋川流域下水道竜華水みらいセンター内 会議室
    (大阪府八尾市竜華町2丁目(JR久宝寺駅から300m))
  参加資格:近畿ブロック内の下水道関連部署で働く女性職員または社員
    年齢、事務/技術の別、産官学等の属性は問いません。
  プログラム(予定):
    (1)施設見学(竜華水みらいセンター)
    (2) テーマ別意見交換(ワークライフバランス、スキルアップ…)
    (3) GJリンク発下水道広報ツール作成に関する意見交換

中国・四国ブロック
  日時:平成27年8月31日(月) 13:00~17:00
  場所:大手町平和ビル5階 ボランティア研修室
    (広島市中央区大手町4丁目1-1)
  プログラム(予定):
    (1)施設見学(大州雨水貯留池)
    (2) GJリンク発下水道広報ツール作成について
    (3) テーマ別意見交換(ワークライフバランス、スキルアップ、
      GJでやってみたいこと 等)
  参加申し込み:8月17日(月)

関東ブロック (詳細調整中)
  日時:平成27年10月5日(月) 午後 を予定
  場所:東京都下水道局砂町水再生センター内 下水道技術実習センター
     会議室 (予定)
  プログラム(予定):
    (1)施設見学(下水道技術実習センター)
    (2) テーマを設定した意見交換(GJジャーナル関東ブロック特集に
      ついて、下水道分野での女性職員・社員の確保について 等)
  参加申し込み:申し込み期日や申し込み先について、決まり次第GJ通
    信やホームページでお知らせします。

全国ワークショップin下水道展'15東京を開催しました(報告)

 平成27年7月30日に「下水道分野で働く女性の会(GJリンク)全国ワークショップin下水道展’15東京」が東京ビッグサイト会議棟101会議室で開催されました。国や自治体、民間企業から約90人が集まり、
  ・広報スキルアップ講座「下水道の魅力を伝える誌面の編集」、
  ・GJリンク発下水道PRツール作成について 提案
  ・グループディスカッション「下水道の自分ゴト化に必要なもの」等
を実施しました。
 広報スキルアップ講座の講師は、雑誌Pen+「下水道のミライ」の編集を担当された、㈱CCCメディアハウスの岸井様。岸井様は、以前は下水道のことを全く意識していなかったそうです。下水道特集の編集を担当することになり、そこで感じた新鮮な驚きやワクワク感を、どうやったら雑誌の中で伝えられるかを考えながら編集された体験をご紹介くださいました。そして今後GJリンクで下水道広報ツールを作るにあたり、「女性の”共感する力”を活かして、わかりやすい言葉で」「テーマを明確に設定し、掘り下げる」「出来上がったPRツールはSNSを活用してPRしては?」等のアドバイスをいただきました。
 GJリンク発下水道PRツール作成については、事務局から、「GJジャーナル」をブロック毎のリレー方式で発行していく提案を行いました。「下水道に従事する私の業務」という意識でなく、生活者の目線に立って、読む人に下水道を「自分ゴト」と感じていただけるような誌面作りを目指そう、という提案でした。
 そしてグループディスカッションでは、「下水道の『自分ゴト化』に必要なもの」について、4~6人のグループに分かれてディスカッションし、最後に各グループでどんなことを話し合ったかを発表しあいました。ディスカッションの冒頭で「自分にとって下水道が自分ゴト化したのはどんな時だったか」を紹介し合っていただいたところ、自分が下水道の部署に配属された時が『自分ゴト化』した時だった、つまり、仕事で担当するまでは『自分ゴト化』していなかった、というコメントが非常に多かったのが印象的でした。下水道政策研究委員会による「新下水道ビジョン」には「国民一人一人にとって、下水道が『自分ゴト化』された社会を実現」という一文が入っていますが、どうすれば生活者の方々に「自分ゴト」と感じていただけるか、GJリンクでも引き続き考えていきたいと思います。
 (資料)
   ・開催次第
   ・GJリンクとは
   ・GJ広報ツール案について
   ・GJジャーナル(サンプル)


     GJメーリングリスト(GJML)会員専用コーナー>

※ファイルを開くにはファイルパスワードが必要です。パスワードはGJリンクメーリングリスト会員の方にメールでお知らせしています。不明な場合は事務局まで。

以下の資料をダウンロードできます。ご利用ください。
・下水道の魅力を伝える誌面の編集(岸井氏講演.ppt)
・当日の班分けリスト

ブロック別ワークショップを開催しました(報告)

 GJリンクブロック別ワークショップを下記の通り開催しました。

北海道ブロック
  日時:平成27年6月17日(水) 14:00~17:00
  場所:札幌市下水道庁舎 1階大会議室
  プログラム:
    (1)テーマ別意見交換(ワークライフバランス、スキルアップ等)
    (2) GJリンク発下水道広報ツール作成に関する意見交換
  <概要>
    札幌市様がリーダーを務めてくださいました。
    道内自治体からGJ12名が参加し、女性職員が身近にいないなどの
    悩みや北海道ならではの業務の工夫などの話題を
    共有しました。GJリンク発下水道広報ツールにつ
    いても特集記事のアイデアを出し合いました。
    WS終了後は懇親会でさらに親睦を深めました。

中部ブロック
  日時:平成27年7月14日(火) 14:00~17:00
  場所:名古屋市上下水道局 名城水処理センター 大会議室
  プログラム:
    (1) GJリンク発下水道広報ツール作成に関する意見交換
    (2)施設見学(下水道科学館)
    (3) グループディスカッション「下水道の魅力と女性の活躍」
  <概要>
    名古屋市様、愛知県様がリーダーを務めてくださいました。
    ブロック内自治体からGJ39人が参加し、広報ツールに関する意見
    交換、施設見学を行ったのち、「下水道の魅力と女性の活躍」をテ
    ーマにグループディスカッショ
    ンを行いました。
    WS終了後は懇親会でさらに親
    睦を深めました。

九州ブロック 
  日時:平成27年8月3日(月) 13:00~17:00
  場所:天神ツインビル4階 405研修室
  プログラム:
    (1)施設見学(水素ステーション)
    (2) GJリンク発下水道広報ツール作成に関する意見交換
    (3) テーマ別意見交換「水との上手な付き合い方について」「下水
      道の魅力」
  <概要>
    福岡市様がリーダーを務めてくださいました。
    ブロック内自治体からGJ16名が参加し、バスで水素ステーション
    へ移動して施設見学、会議室に戻って広報ツールに関する意見交換
    を行ったのち「水との上手な付き合い方」「下水道の魅力」をテー
    マにグループディスカッションを行いました。
    WS終了後は懇親会でさらに親睦を深めました。
    懇親会では、今後のブロックワークショップ運営
    について独創的なアイデアも出たようです。

GJリンク座談会を実施しました

 平成27年2月、Pen+「下水道のミライ」の「下水道女子」特集のための企画として、GJリンクメンバー4人による座談会を実施しました。
 座談会では、これまでのGJリンク活動についてそれぞれからご紹介し、自由に意見交換したのですが、プロのライターさんの手でとても分かりやすく楽しい記事にしていただくことができました。
 是非、ご覧ください。
<Pen+(ペン・プラス)大いなる可能性を秘めた 下水道のミライ>
  ・出版社:CCC メディアハウス
  ・発売日:2015 年 3 月 24 日
  ・価 格:950 円(税込)
※ご参考:CCC メディアハウス HPは以下のアドレスをクリック!
http://www.pen-online.jp/magazine/penplus/pen_plus_gesuidou_mirai/

広報スキルアップ講座「カメラ講座」を開催しました

平成26年11月7日の18時30分より、下水道協会5階会議室において、プロのカメラマン白汚零氏を講師にお招きして「カメラ講座」を開催いたしました。官・民合わせて18名の方がご参加くださいました。
 講座では、まずテキストを用いてカメラの種類と特性、シャッタースピード、明るさの調整方法などの基礎を学習。続けて「個別指導」タイムとし、参加者は各自、持参した写真に対して撮り方をアドバイスいただいたり、会場に準備された撮影用小物を実際に撮影したりしました。白汚先生と言えば写真集「地下水道」のように下水道を美しく撮影されることで特に有名ですが、先生のお話によれば、人物や風景など下水道以外も広く撮影の対象とされているとのこと。プロのカメラマンに直接アドバイスいただける貴重な機会ということで、参加者の皆さんは時間を超過して積極的に質問し、充実した講座となりました。

         カメラ講座を終えて・・・>

今回の企画は、7月に実施した「GJリンクワークショップin大阪下水道展」と同様に、事務局以外のメンバーが発案から企画・実施までをメインで担当、実現したものです。内容はこれまでに実施してきたワークショップと少し異なり、「女性ならでは」のテーマではないけれども広報スキルアップのために取り組んでみたい、というものでした。
 GJリンクではこのように、女性同士の交流の場を単につくるだけでなく、場をつくる過程そのものも自分たちのスキルアップに役立ててしまおうと積極的に活動を展開しています。GJリンクのメンバーのニーズは様々です。参加しやすい活動時間帯や場所についても、メンバー個々の事情により異なります。今後も、さらに幅広い方に参加いただける活動を展開できるよう、様々な工夫をしてまいります。
 皆様からの様々なご提案を、お待ちしております。

第3回 下水道女性職員によるワークショップを開催しました

 平成26年7月24日に、「第3回 下水道女性職員によるワークショップ(GJリンク)」が、下水道展‘14大阪の会場であるインテックス大阪の会議室で開催され、国や自治体、民間企業から約60名が集まりました。大阪ガス株式会社近畿圏部顧問の正木啓子氏による講演と、参加者によるディスカッションが行われました。
 講演で正木氏は「気持ちの持ちようで、仕事は楽しく続けられる」とアドバイス。ご自身の経験に裏打ちされた数々の言葉に、参加者は真剣に聞き入っていました。
 後半のディスカッションでは全員がグループに分かれて議論に参加しました。事前アンケートに基づき設定されたテーマや「GJリンク活動で今後やってみたいこと」を自由な発想で話し合い、大いに盛り上がりました。

☞ 〈資料〉開催次第


     GJメーリングリスト(GJML)会員専用コーナー>

※ファイルを開くにはファイルパスワードが必要です。パスワードはGJリンクメーリングリスト会員の方にメールでお知らせしています。

以下の資料をダウンロードできます。ご利用ください。
・開催概要_0724詳細版
・ワークショップ資料
・事前アンケート結果
・アンケート結果(第1部:仕事に関する情報共有)
・アンケート結果(第2部:GJリンクの活動について)

下水道展で「下水道業界で働く女性たちの写真展」を同時開催

 下水道展’14大阪では、パブリックコーナーにおいて、「下水道業界で働く女性たちの写真展」を同時開催しました。
 笑顔で活き活きと働く女性のみなさんの写真に、会場を訪れた方々からは「元気をもらえた」「他でもぜひ展示させてほしい」との声などが上がっていました。
 写真のご応募、ありがとうございました!

GJリンク下水道展'14大阪 開催のご案内(申込締切:7/4)

 国土交通省とGKPが共同で、「GJリンク下水道展’14大阪(下水道女性職員によるワークショップ)」を開催することといたしました。
 
下水道女性職員によるワークショップは、これまで東京で2回開催されています。「是非関西でも開催したい!」との思いで、関西のGJリンクメンバー有志が企画し、下水道展に合わせての開催が実現したものです。
 職種、所属団体の別、年齢、地域を問わず、下水道分野で働く全ての女性の方にご参加いただけます。
 
参加申し込みの締切は7/4(金)です。皆さまのご参加をお待ちしております!
☞ 募集案内
☞ 次第(案)
☞ 参加登録様式

★下水道展で「下水道業界で働く女性たちの写真展(仮)」同時開催★
 働く女性たちの写真を大募集!
募集締切:7/4(金)

 「下水道業界で働く女性たちの写真展(仮称)」を下水道展GKPパブリックゾーンで開催します。ワークショップに参加できなくても応募できます。奮ってご応募ください!
 詳しくは募集案内をご覧ください。
☞ GJリンクパネル展 募集案内
☞ GJリンクパネル展 別添様式

第2回下水道女性職員によるワークショップを開催しました

 平成26年5月16日に「下水道女性職員によるワークショップ(GJリンク)」の第2回総会が下水道協会会議室で開催されました。国や自治体、民間企業から約70人が集まり、石巻環境サービスの森田和社長と月島機械の荒井健・水環境事業本部事業統括部事業管理グループ副参事による講演と参加者によるディスカッションが行われました。
 森田社長は「一人の人間としてどう仕事をするかを考えてほしい」、荒井副参事は「仕事とはいえ、プライベートも話してもらうことで、女性の悩みの解消に近づけば」とアドバイス。
 参加者は積極的にディスカッションに参加し、働き方や将来ビジョンについて意見交換しあうなど、女性が少ない業界ではありますが、パワーを感じる一日となりました。
(資料)
☞ 開催次第
☞ 「GKP・GJリンク」とは



     GJメーリングリスト(GJML)会員専用コーナー>

※ファイルを開くにはファイルパスワードが必要です。パスワードはGJリンクメーリングリスト会員の方にメールでお知らせしています。

以下の資料をダウンロードできます。ご利用ください。
・第2回下水道女性職員によるワークショップ開催報告(詳細版)
・出席者所属団体リスト
・今後の活動
・アンケート結果


第1回ワークショップを開催しました(概要報告)

 GKPは下水道界で働く女性間の情報交流等を図り、絆を深めることを目的とした「GJリンク」を設立しました。第1回のワークショップを平成25年5月15日(水)、日本下水道協会大会議室で行い、自治体から50名、民間企業等から30名の、計80名の方々にご参加いただきました。
 フリーディスカッションでは「男性に気を使われ過ぎていて叱られる機会が少ない。 期待されていないのか?と感じることもある」、「職場に女性が少なく、相談相手がいない。結婚・産休後のイメージが沸かず不安」等、女性ならではの意見が出されました。また、「とても良い刺激になった」、「女性の部下を持つ男性の講習会を開いてはどうか」、「一般職の女性にももっと加わってほしい」などの声があったほか、GJリンクの今後に関しては「懇親会に参加できるよう、開催日に配慮してほしい」、「地方開催も検討してほしい」などの要望がありました。
 GKPは今後もGJリンクの活動を支援し、GJリンク発の広報企画などを実現させていきたいと考えています。


introduction



下水道界で働く女性間の情報交流等の場をつくり、絆を深め合い、互いに刺激を受けながらキャリアアップを図るための活動を展開しています。
気軽にご参加下さい!



information



GJリンクは、メーリングリスト会員を募集しています。ご参加いただくと各種企画の案内を受け取れるほか、GJリンク会員限定情報にアクセスできるようになります。
参加をご希望される方は、下記の「GJML 参加・変更・退会 登録様式」にご記入の上、GJリンク事務局までご送付ください。
※アドレス変更・退会のご連絡も、当様式をご使用ください。

【事務局メールアドレス】

 


Back number



※ご覧になるにはパスワードが必要です。パスワードはメーリングリスト会員の皆様にお知らせしています。

第13号「記事の投稿等」
第12号「GJ Journal創刊」
第11号「記事書き方解説」
第10号「記事書き方等」
第 9号 第 8号 第 7号
第 6号 第 5号 第 4号
第 3号 第 2号 第 1号