令和2年度GKP広報大賞の受賞事例決定! 明電舎・東亜グラウト工業がグランプリ獲得

公開日:2020年9月11日

 今年で8回目となるGKP広報大賞の受賞事例が決定しました。
 グランプリに輝いたのは、(株)明電舎、東亜グラウト工業(株)の「Guessイイ!!(下水イイ)プロジェクト」です。また、準グランプリには一般社団法人Water-n(ウォータン)の「水を還す」意識の醸成活動が選出されました。
 今回は全国から12の事例(行政部門10、民間部門1、学校・NPO・任意団体等部門1)がエントリーされ、各部門賞を含めて6団体の受賞が決まりました。

 

【グランプリ】
 ・「Guessイイ!!(下水イイ)プロジェクト」発進! (下水道から考える未来の防災プロジェクト)

(株式会社明電舎、東亜グラウト工業株式会社)

【準グランプリ】
 ・冊子「Water-n」発行と冊子を活用した「水を還す」意識の醸成活動(一般社団法人Water-n(ウォータン))
【部門賞】
 ◇行政部門賞
 ・大学生による災害用マンホールトイレPR大作戦!(松山市)
 ・下水道PRポスターの作成(岡山市下水道河川局 広報戦略推進班)
 ◇民間部門賞
 ・該当なし
 ◇学校・NPO・任意団体等部門賞
 ・該当なし
【審査委員特別賞】
 ・ミニさっぽろ下水管理センター(下水道管路の維持管理)(札幌市下水道河川局)
 ・公道で全国初!「しゃべるマンホール」社会実験 ~アルビレックス新潟の選手が意気込みを語る!!~(新潟市)

 

 

 

 受賞団体コメント

 

【グランプリ:株式会社明電舎、東亜グラウト工業株式会社】

このたびはGKP広報大賞グランプリという名誉ある賞を頂き、心から感謝致します。
下水道イメージアップを目指した、世代・業種横断的な協働広報として両社で取り組んだ本プロジェクト。そこに込めた願いが「伝える連鎖」と評価頂き大変嬉しく思います。本年はオンラインを活用し、さらにHAPPY・伝える連鎖が広がる企画を展開していきます!

朝日新聞DIALOG Guessイイ(下水イイ)!!プロジェクトも併せてご覧ください

 

【準グランプリ:一般社団法人Water-n】

水を汚さないように「賢く丁寧に水を還す」仕組みを知り、行動する人を増やしたい。それが冊子「Water-n」の思いです。編集協力は下水道を知らない若手(?)女性だけ。下水道を学びつつ、いかに下水道をはみ出し、でも暮らしと関連付けるかを心掛けています。準グランプリへの選出、そして協賛企業のご支援に感謝申し上げます。

Water-nの受賞報告記事(WEB)も併せてご覧ください

 

【行政部門賞:松山市】

このたびは、行政部門賞をいただき、ありがとうございました。今回の取組は、学生主体で考え、学生自身が伝えることをポイントにしていましたので、その点を評価していただき、嬉しく思います。今後も官学連携を継続し、学生と一緒に、多くの方の目に留まる広報に取り組んでいきます。

松山市の受賞報告ページも併せてご覧ください

 

【行政部門賞:岡山市下水道河川局 広報戦略推進班】

広報戦略推進班の最初の大仕事はポスター作成です。下水道の役割とは何たるか、どう伝えるか。時にはびしょぬれになりながら写真を撮る。この過程で広報班に入った新人たちは下水道愛が育っていきます。これからも育まれた下水道愛で活動していきますので、どうか暖かい目で見守っていただけると幸いです。

 

【審査委員特別賞:札幌市下水道河川局】

このたびは、審査委員特別賞をいただき、誠にありがとうございました。
今回表彰いただいた取組は、子どもたちが体験を通して下水道を学ぶことが出来るよう、毎年、札幌市下水道河川局の若い職員が中心となりアイデアを出し合って工夫を続けているものです。
今後も、子どもたちを含め、多くの方に下水道を身近に感じてもらえるよう、様々な事業を実施していきたいと考えています。

 

【審査委員特別賞:新潟市】

このたびは、審査員特別賞をいただき、誠にありがとうございます。
期間中、しゃべるマンホールのもつポテンシャルの高さと性能維持の難しさを同時に実感しましたが、私たちにとって、思い出深い夏のチャレンジになりました。
今後も、多くの方に下水道のイメージをネガティブなイメージからポジティブなイメージに受け止めてもらえるよう、「連携」をキーワードに取り組んでいきます。

 

 

審査結果および評価ポイントなどの詳細はこちらをご覧ください

 

<参考>過去のエントリーと表彰事例
 第1回のエントリーと表彰事例はこちら
 第2回のエントリーと表彰事例はこちら
 第3回のエントリーと表彰事例はこちら
 第4回のエントリーと表彰事例はこちら
 第5回のエントリーと表彰事例はこちら
 第6回のエントリーと表彰事例はこちら

 第7回のエントリーと表彰事例はこちら

 

| プライバシーポリシー | お問い合わせ |